プリント学習編のサブタイトルを「重なり合う世界で」に変えました

 プリント学習編のサブタイトルを「I am O.K.」から「重なり合う世界で」に変更しました。

 前タイトルはこの夏の始めにサイトリニューアルを図る際に変えたもので、「自尊心」をテーマにしたものでした。

 引きこもり問題に、あおり運転、いじめ、自殺…などなど、

「もし、日本の教育が骨太の自尊心を育むことができたならば、それは起らなかったのではないか」

 と思うことは少なくありません。また、障害のある人は、支援なしでは、成功体験が得られにくく、自尊心が細りがちです。そういった意味からも前タイトルはステキなものだと思っていました。その思いは変わらないのですが、

「自尊心を育むことが大切という理念を達成していく上で、さらに基礎的な理解があるのではないか」

 という思いにサイトを「構造化」の観点で整理していく中で至りました。 

 それは、知的障害特別支援教育は、障害のある人の文化・世界のその全てを、日本の文化・世界に無理矢理重ね合わせるものではなく、

「先天的な脳の機能的な障害を原因とする障害特性自体は無くなるものではない」

 という基礎的な理解の下に、障害のある人の文化・世界と日本の文化・世界の双方を尊重しつつも、お互いの「○○すべき!○○であるべき!」思考に抗い、「重なり合う世界」で、共存していくことができるベストパイを探していくということを目指すというものです。

 プリントサイトとともに、少しでも「お互いの文化の尊重の上に、障害のある人が骨太の自尊心を育みながら、社会に羽ばたいていくこと」につながっていくと良いなぁ…と願っています。

kasanariausekai1.jpg

この記事へのコメント