夏休みの学習プリント㉚:「はい!」という返事の仕方を2項関係⇒3項関係にして教える

 朝の会で「○○さん」と呼ばれても「ハイ」と返事をすることが難しい子っていますよね。「ハイって言えるはずなのに…」。「ハイでしょ?」と聞くと「ハイでしょ??」とエコラリアが返ってくる。そういう場合は「ハイ」のもつ意味(実は「わたし-先生」の2項間でのモノを介さない社会性を内包したやり取りなので結構難しい)が分かっていません。その導入として、自分の席にいながらも、手を挙げている具体物の操作をまずは通して、「わたし-モノ-先生」の3項関係を作り出して、「ハイ」の意味とタイミングを掴んでいく。そしていずれは、「手を挙げる時にハイって言うんだよ」と、手がかりを減らしていく。そんなことを展望して作りました。
190817_hai.jpg

この記事へのコメント