ASDのある人にとっての外出自粛要請 -「見通せない」ということの時間的な構造化-

 先日、Yahooニュースを見ていたら以下の記事を見つけました。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200327-00010010-jisin-soci  タイトルだけでは分かりづらいのですが、本文を読み進めていくと高機能自閉症のある方が、都市封鎖に伴う外出自粛(禁止)の環境の変化に大きなストレスを感じて自死に至ってしまったという記事でした。  日本でも小池東京都都知事が「緊急事態宣言直前だ」というコメントをしているように、今後数週間、ないしは数日で外出を大きく制限されるような事態も現実味を帯びてきています。  「先が読めない場合にはどう説明をしていけば良いのか?」 ・Aという場合もある⇒その時にはこうしよう ・Bという場合もある⇒その時にはこうしよう ・最悪500日間以上この状況が続くことがある⇒その時には500枚の日めくりカレンダーを作ろう …などなど。ASDのある方の中には「見通せない」という状況に激しい恐怖を感じる症状が出る場合が多数有ると言われています。「見通せない」ので、幾つかの場合分け提示になるとは思うのですが、学校が始まったら、学校の中でも丁寧に説明をしていけると良いな…と思います。

続きを読む