最後に決めるのは自分。でも、その価値、意味、重みを伝えることは大切。

 元U-18野球代表監督である故・小枝守さんの書かれた下の本を読了しました。  今では「キャリア教育」と呼ばれているものを、小枝先生は40年も前から実践されていたんだな…と感じました。  人に何かを伝え、教えようとするときに、その意味を伝え、価値を伝え、重みを伝え、在るべき方向性を伝える。でも、最後にそれを判断するのはその人自身。人はそれぞれに背景が有り、事情があり、過去がある。それでも尚、人格の形成、人間形成をめざして、正しく進むべき方向に歩み出せるように、ガードレールを作るかのようにその意味と、価値と、重みと方向を伝える。  小枝先生自身は社会科の特に倫理の先生で在られたということですが、「特別な教科 道徳」も今後どう在るべきなのかな…とも思いましたし、外から見える「成長」と同じくらい、外からは見ることのできない内側の「成熟」も大切に先生をしていきたいな…と改めて感じました。野球好きな人向けに留まらない良い本でした。 

続きを読む

ASDのある人にとっての外出自粛要請 -「見通せない」ということの時間的な構造化-

 先日、Yahooニュースを見ていたら以下の記事を見つけました。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200327-00010010-jisin-soci  タイトルだけでは分かりづらいのですが、本文を読み進めていくと高機能自閉症のある方が、都市封鎖に伴う外出自粛(禁止)の環境の変化に大きなストレスを感じて自死に至ってしまったという記事でした。  日本でも小池東京都都知事が「緊急事態宣言直前だ」というコメントをしているように、今後数週間、ないしは数日で外出を大きく制限されるような事態も現実味を帯びてきています。  「先が読めない場合にはどう説明をしていけば良いのか?」 ・Aという場合もある⇒その時にはこうしよう ・Bという場合もある⇒その時にはこうしよう ・最悪500日間以上この状況が続くことがある⇒その時には500枚の日めくりカレンダーを作ろう …などなど。ASDのある方の中には「見通せない」という状況に激しい恐怖を感じる症状が出る場合が多数有ると言われています。「見通せない」ので、幾つかの場合分け提示になるとは思うのですが、学校が始まったら、学校の中でも丁寧に説明をしていけると良いな…と思います。

続きを読む

リスク・コミュニケーション

首都圏に住んでいるので、この週末の外出自粛要請対象になっています。朝からニュースをずーっと見ているのですが、正しく読み取らなくては…と思います。 少しずつ理解していくのですが、このコロナウィルスにかかると14日の間で大体の人が発症していくということで、「14日後を想像すること」が一つのポイントのようです。首都圏で今週末の外出を自粛すると14日後に効果が現れるということです。 もう一つは14日後の病院がどうなっているのかを想像するのがポイントのようです。コロナウィルスにかかって、運悪く重症化すると(誰が重症化するかなんて分からない)「人工呼吸器に対応した病床」が必要になるのだけれど、その数が非常に限られていて、14日後は満床状態も十分あり得るということのようです。 つまり、この土日でかかって14日後に発症し、運悪く重症化すると、人工呼吸器が無くて、いくら体力自慢の人でも大体8日で死んでしまう ということのようです。 もちろん人工呼吸器の数を増やしているし、それに応じた感染病床を増やしては居るのだけれど、ここからはコロナウィルスへの罹患が早ければ早いほど体制が整わない内の病院への搬送になって、死んでしまうという理解をしていてそう遠くなさそうです。かかるなら、薬も含めた体制が整った後で、安全にかかりましょ。 それに加えて、知的に障害のある人は人工呼吸器を落ち着いて付けていられるか、ジッと寝ていられるか、介護体制をどう維持するかにも課題を多く抱えます。 支援学校の…

続きを読む