2015年07月05日

少数派が当たり前に配慮されるところから、集団の教育が作られていくといいな

特別支援学校では今、障害特性に応じて指導することの大切さが重要であると研修や校長伝達等を通して繰り返し担任をしている教員レベルに啓発を図られています。もっとLDについて知ってください、もっと自閉症スペクトラムについて知ってください、もっとADHDについて知ってください、もっとダウン症について知ってください、と。
でも、これってもっと土台に課題があると最近感じています。

★特別支援教育を普通教育をベースにして、そこに特別支援の要素を適宜取り入れる形で行うのか
 
☆特別支援教育を障がいがある人の少数派のニーズを起点として、集団の教育を形作っていくのか

 特別支援学校の先生の中でも、前者の★のスタンスの先生が相当数いるのですが、「普通教育に、特別支援が寄せてきてね」というスタンスの先生とはどこまで行っても噛み合わないなぁ…と思うのです。

 決まって聞こえてくる声は、

「そんなことでは将来やっていけない」

「将来、そんなに配慮される環境はない」

「障がいがあっても、ダメなものはダメ」

 なのですが、これを聞く度に思うのです。

 学校の先生は、「障害がない(現状)」という意味において多数派にいて、少数派である子供たちに、先生が受けてきた多数派の普通教育に寄れというけれど、障がいのある人に配慮するということや、特性に応じるということは「多数派に子供を押し込める」ということと全く別のことなんじゃないかな、と。


 ちょっとアナロジーを使えば、左利きの人がいるとして、右利きの人が、

「左利き、不便だね。色々と配慮しているように見せることはあるけれど、最終的には右利きになってね」

 といっているのと同じなのではないか、と。

 左利きの人は左利きのままでいい。でも、社会を生きていくのに、左利きであることによって不便さや、参加制約が起こるのであれば、それにどこまで配慮を求められるか、どんなツールがあればそれを解消していけるのかを一緒に考えましょう。というスタンスが障害特性に応じるということだし、配慮ということではないかと。

 頑張らなくていいと言っているのでは決してない。ちょっと頑張ると良い事あるということに、ポジティブな子供に育ってほしい。でもそれは、多数派の人に近づくということや、成績優秀な知的障害のある人になることとは等質ではない。

 少数派であるその子供のニーズから出発しなければ、その子はいつまでたっても現状を否定され、普通であることを求め続けられてしまう。障がいがあるという少数派の君は、どこまでいっても障がいがあるという君のままで認められていくべきだし、それで他の人と変わらぬ幸せになるべきなのだと。

  少数派が当たり前に配慮されるところから、集団の教育が作られていくといいな…と日々思っています。
 

 
 
posted by 桑ぴょん at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

「叱る」ことを指導方針の中心として、般化と維持を行って「マイナス」になるケースについて

ある場所で丁寧に獲得した行動を、人やものや場所を変えても表出できるようにして、それを自ら表出し続けられる様にしていくということは、行動変容を考える際に非常に重要なことの1つです。

例えば、「バイバイ」を教える場合。

身近な人に子どもが「バイバイ」をすると、お母さんや先生は「わー!すごいね!上手だね」と褒めます。子どもは得意になってバイバイをしてくれるようになります。

「ママ、バイバイ」
「先生、バイバイ」


これが進むと、今度は人と場所を変えて、校長先生の前で「バイバイ」ができるようになっていきます。

「校長先生、バイバイ」

すると、校長先生は満面の笑みで

「すごいね、上手だね」

と言ってくれます。場が拡がる。人が拡がる。般化です。

子どもはさらに嬉しくなって、最後には犬や猫やコップやうんちにまで「バイバイ」が言えるようになります。

「そうだね、バイバイだね」

そして、それが長期に亘り持続されるようになる(バイバイは死ぬまで使いますよね)。これが維持です。

これをやっていく際に、「叱る」ことが指導方略の中心になっている支援者が、思いつきで(褒める準備無く)般化と維持を行うと、

「ほらっ、校長先生がいるでしょ、どうするんだっけ?」

と急かされて、もしも「バイバイ」が自発しなかった場合には「叱り」が入って、

「何で、バイバイできないの?できるでしょ?○○くんはバイバイができる。先生は知っている。手を抜かないで!」…orz…。

となってしまうのです。次回も入る

「今日こそはできるよね!」

という、一種の「脅し」。

「般化」に難しさが出ているということが「手を抜いている」ということとすり替えられてしまう。

結局、その大人が怖いから校長先生に「バイバイ」をやむなくするわけだけれども、それって、その先生に怒られるのを回避して「バイバイ」を出している訳なので、その先生がいない場面では「バイバイ」を自発しなくなってしまう。

こうなってしまった子について、再度バイバイを教える際には、もはや「0」スタートではない。「マイナススタート」になってしまう。でも、叱った大人は、叱って行動が表出される(表出させた)ところを見てしまっているので、叱ることが強化されてしまっている。

マイナススタートのことも多いよな…でも、叱り中心の人に「それって、違いますよ」といって、スグに変わってくれるほど、大人の支援も簡単じゃないんだよな…と思い知る日々です。

「あなたとの出会いが、この子にとってはマイナスでした」

ってもし自分が言われたら、立ち直れないな…と思いながら。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 08:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

「教室の外に引っ張り出して叱る」ということについて

このところの虐待・体罰に関する報道や、昨日、Facebookで回ってきた以下のリンクなどから色々と考えさせられることがあって、特別支援学校での日常を頭の中でグルグル…とさせています。

「切れる」だけは我慢して欲しい。
http://fami-lab.com/archives/918

障害者虐待防止法や障害者差別解消法などの法整備が進み、法的には障害のある人の尊厳や権利、もっと身近な所でいえば「安全」が保障されていく中で、なかなか変わらない現場。その中でちょっと気になっていることを。

以下、フィクションとして。

これは色々な特別支援学校でですが、子どもが言うことを聞かない時に、まるで凧でも引くかのようにあっという間に子どもが外に引っ張り出されて指導が始まることがあります。(特に自閉スペクトラム症の子が多い印象)大人も子どもも

「あっ、あの子、ひどく怒られるな」

と分かりながらも、

「言うこと聞かなかったからね」

と。そして、5分後に帰ってくる泣きじゃくる子どもと、やたら優しい先生(スッキリしたのと、叱った罪悪感からか…。)。

僕も若い頃はさもありなんと思っていたけれど、落ち着いて考えてみれば、自分自身、人生の中で教室外にすごい勢いで引っ張り出されて、叱責されたことなんて、ない。もちろん、大人になってからも。でも、こうやって教室の外に引っ張り出されちゃう子たちはかなり頻繁に教室の外に引っ張り出されている。こういうことって、明らかに差別だし、とても体罰に近いよな…と思うのです。小学校なら外に引っ張り出されないけれど、特別支援学校だと外に引っ張り出されちゃうの?と。

そもそも、納得して、次の行動が変わるのが良いのに、教室の外に引っ張り出されて、叱責されて、次の行動が変わるのなら、それは「恐怖」とか「ストレス」に裏打ちされて学習されたものになる訳で。そんなのが連なって学校生活が形成されたら、いつか子どもの心は壊れるし、「恐怖」や「ストレス」が原動力になって主体性なんて育つ訳もなく。その怖い先生がいなくなったら行動が復帰するか、あるいは在る程度心が壊れて、ひたすら指示を待つ人に育つかでしょう?それなら一層のこと、その先生とは接触しない方が良かったのでは?と思ってしまいます。

「この子は何度言われても堪えないから」

…って、人間、心なんてだれも視ることはできないし、自分自身だって記憶の落とし方によっては記憶が脳幹の奥に沈み込んで、それが原因で自律神経失調症やうつが発現することも有るわけで。

なかなか変わらない「叱ることも大切」のマジックフレーズに支えられた、教員『が』切れてしまう問題。

納得してもらうためには、「叱る」の他にどんな方法や作戦が考えられるか?と、みんなが思いを馳せられるようになると良いのに。

以上、具体的な対象をもたぬフィクションとして。

でも、なかなか変わらない現場への苛立ちを少し含んで。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする