2015年11月08日

「叱らない支援」ではなくて、「前もって伝えておく(そして納得してもらっておく)支援」

 「叱らないで褒め伸ばす支援がいい」ということを、書籍でも目にしますし、様々な講演でも耳にします。そして、それを実践に移そうとするのですが、学校内の意見は賛否両論の所もあったりして、「しっかりと叱った方が良い」とか「なんで叱らないのか」とかという意見をもつ先生もいます。今回はそんなことについて考えるエントリ。

 何か子どもが行動を起こして、それに対して指導が必要になったときに「叱る」ということが選択肢に入ってきます。例えば給食の最中に突然立ち歩いてしまうようなことがあれば「叱る」という選択肢が採られる。でも、大抵の場合「叱る」という方法によっての効果を測ってみると効果が上がっていない。でもでも「叱る」と大人側が何だかスカッとするし、先生なら仕事しているようにも感じられちゃうから、「効果」とは全然別の所で大人側が強化されてしまっていて「叱る」ことが継続されてしまっていたり、或いは「悪いことは叱るものだ」というステレオタイプによって(他の方法を知らないことによって)「叱る」ことが継続されてしまったりする。

 これに対するのが「褒める」支援。確かに、子どもが適切な行動を表出することができるように環境づくりをして「褒める(ないしはその子の好子を提示する)」ことは、次回の望ましい行動の生起頻度を上げる上で大切なこと。でも、これだけだと「しっかりと叱ることも必要」とか「何で子どもが悪いことをしたときも叱らないんですか」という意見をもつ先生に納得してもらうことはできない。「次回の望ましい行動の生起頻度を上げる」ことと「次回の不適切な行動の生起頻度を下げる」ことは、この段階では論点が合っていない。」ここには「叱る」という行動自体を回避しようという努力が必要なんだ、という理解と工夫に論点を置いて、論点を合わせる作業が必要なんだろうなと思います。

 「叱る」ことを回避する努力として、一番労少なくして、効果が高いのが「前もって伝えておくこと」と「納得してもらっておくこと」。子供たちは前もって分かるようにやって良いこととやってはいけないことを分けて説明しておくとその後の行動を結構変えてくれるし(もし行動が変容しなければ、伝え方を変えればいいし)、大人にもその心づもりがあれば「叱る」ことが減っていきます。

 そして、大人側にはこんな問いかけも必要。

「今、私、叱りたいけれど、事前にちゃんと説明してあったっけ?そのルール提示を本人も納得していたっけ?」

 「叱らない支援」ではなくて、「前もって伝えておく(そして納得してもらっておく)支援」が大切なんだろうな…と、自分を戒めるエントリ。でも、言っちゃうんだな…「こらこらー、何やってるんだー」と…。反省です。 

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

やらせればできるんだからやらせるのか?完全に子どもの自己決定に任せるのか?

 久しぶりのエントリは二極思考的なタイトルから。

「その子の意思を尊重するってことを大切にしすぎると、本来『やらせれば』できることができなくなってしまうのか問題」

について。

 この議論は私自身も何度か現場の中で直面したことがあります。

「強要する」のは良くない!自分で選び取ることが大切!

に対して、

「やらせなければ、何事もできないじゃないか!」

 との二極論。

 この議論、「その子の意思とか自己決定を大切にする」ことを大切にする側ももう一歩踏み込む必要があるのかなと思います。

 「準備無しに意思や自己決定を大切にする」のとはちょっと違う。

 大人のリードや状況づくりがある選択肢があって、しかもそれがいくつかあって、しかもそれがいくつかあって(大切なことだから2回目)、その上で子どもの選択とか意思決定とか自己決定とかが行われるのだろうと。

 「やらせたいことがある」ことは決して悪いことではない。でも、それを直球で「強要」することは、このご時世、時代錯誤も甚だしい。人権意識が問われるところです。

 したたかにリードする。

 したたかに、複線化して、リードする。

 したたかに、状況作りをして、複線化して、リードする。


 そんな感じ。「やらせたい」なら準備する。「シゴク」とか「シバク」ではなくてしたたかにリードする。そんな感じなのだ、きっと。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m

 
posted by 桑ぴょん at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

行動変容のアクションは子どもが絶好調の時に

何だか、久しぶりの投稿になりますが、この夏はいろいろな発表の機会や、講師の機会をいただき、たくさん勉強をさせていただいていました。

さて、基礎基本に戻って。私たち子どもの応援団である大人は、日々子どもが行動変容していくことをお手伝いしているのですが(担任においては「楽しくさせてもらっている」という表現になりますが)、その基本はあくまでも「子どもが調子のいい時に、『こうすると良いよ』と伝える」ことにあります。とかく、大人は子どもが何か不適切なことをした『機会をとらえて』ルール提示なり、指導を入れたりしてしまいがちですが(機会利用型というやつです)、この「機会利用型」の支援がうまくいく時は「本人がその限られた機会を通しての経験を省みて、納得した場合」に初めて次回の行動が変容するのであって、本人の納得が伴わなかったり、「次回は行動を変えた方が良いことがありそうだ」と思えていない場合には次回の行動変容にはつながりません。子どもが調子が良い時に「こういう時にはこうした方が、いいんだよ(結果的にはいいとか、おとくとか、すてきとか。)」 教える方が次回行動が変容しやすい。いずれはWIN-WINなんてことがわかっちゃうと最高にすてきだけど。

 「だめ」「しない」「やらない」「わかりましたか」。そんな言葉で溢れかえる日常ですが、全ては次回の行動に変容が見られてこそ。日々の行動がいい方向へ向いてこそ。僕らは最初は100%の内、1%しかいい行動をもっていないお子さんを、10%,20%,30%とその率を上げていって、90%はいい行動だねーなんていう姿に近づけることを日々目指している。行動が変わってこそ。

「なんだ、こうすれば次回はいいことがあるのか

 そんな風に納得しながら進んでいくような日々が連なるように、自分自身のへたっぴーな支援が少しずつ良くなっていくように、二学期も頑張って行きたいと思っている、9月の初めです。   
posted by 桑ぴょん at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする