2014年12月31日

「できる環境づくり」と点つなぎの手前の課題」

 小出進先生の「知的障害教育の本質」(ジアース教育新社)を読みながら、「できる環境づくり」という視点から、改めて自分自身の子どもへの接し方を問い直しています。


ー以下引用ー
本人の主体性確保をめざせば、指導の「訓練的側面」よりは、指導の支援的側面を大切にすることになる。「教え、直す」指導よりは、「支える」指導が求められる

ー引用終わりー

 2学期、

「先生、点つなぎは難しいよー」

 と伝えてくれた教え子に

「大丈夫、大丈夫、やればできるよ。」

 と手を添えて線をつなぐという活動を1ヶ月半積み重ねましたが、依然として難しさが残り、

「最初は自分でやってみてよ」

 と言う私に、結局

「あっ、ちがう…」

 と子どもが言われてしまう場面、何度有っただろうか…と猛省しました。
 本人の主体性を支えるような環境づくりとして、点つなぎの教材を作ろうと思い直したのが本写真の教材です。
スライド1.JPGスライド11.JPGスライド15.JPG


 年末、もう一冊本を読みました。
 「世界に1つだけの子育ての教科書」著・奥田健次(ダイヤモンド社)
 です。

 全体的にとても良い本だったのですが(トイレトレーニングの章が目から鱗)、特にそのP87、スモールステップの記述の中のサッカーのペナルティキックがゴールに届かないお子さんにはゴール50センチ前から練習を重ねていくと良い…という一節がストン…と胸に落ちました。

「そうか、自分で蹴ったシュートが届かないなら、ゴールの方に近づいてきてもらえば良いんだ…」

 認知学習の指導に於いては、とかく「できる状態にもっていく」という姿勢になってしまいがちでした。しかし、例えば点結びができないからと言ってその力を付けて、線結びをできるようにするのではなくて、線結びができる状況を作って、その中でめいっぱい自立的・主体的に課題に取り組めるようにしようと思い直しました。
(知的障害教育の本質p27,28を参照しました)

 点つなぎから話がどんどんと膨らんでしまいましたが、主体性を支える「できる環境づくり」。来年も大切に、大切にしていければと改めて思いました。

 プリント教材は以下にリンクしてあります。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

黒板や冷蔵庫に貼りつけるプールの有り無し伝達カード

 プールの時期。多くのお子さんにとってプールが有るか、無いかは大きな関心事です。

 そこで、○か×かでシンプルにプールの有無を伝えるカードを作成しました。印刷して、背中合わせに1枚としてラミネートをかけ、マグネットシールを四隅にくっつけると黒板や冷蔵庫、スチールのロッカーに貼りつくプールの○×伝達カードになります。ひっくり返すだけで毎日使用することができるのでとても便利です。

プリント頒布サイト
桑ぴょんの特別支援教育マラソン プリント編
http://kuwapyon.main.jp/nitijyouseikatu.html#14.7.5

 プレゼンテーション1.jpg


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

性器の洗い方の手順表(女性編)

 性教育教材として性器の洗い方の手順表(女性編)を作成しました。




 「えっ、そんなことまで教えるの?」

 と感じられるお母さんもいらっしゃるかもしれませんが、障がいのあるお子さんは「自然に学ぶ」「健常であれば友だちや雑誌からの情報を得て、それとなく学ぶ」という類の学習(ナチュラルラーニング)の部分が抜け落ちやすいです。端的に言えば「習っていないことは学習できていない」のです。

 とかく、性に関する分野はこの「抜け落ちやすい」分野です。私自身の経験から言っても、思春期になり、性器のまわりに毛が生えてきたり、性器いじりが始まってからの指導となると誤学習も積み重なっている場合も多く、苦戦するケースが多いです。なるべく低年齢の内から

「大切なところだから丁寧に扱おうね」

「大切なところだから清潔を保とうね」

 という姿勢を身に付けておくことができるといいな…と思います。

※ 手順表の手入れの仕方は一例であり、デリケートな部分なので石鹸を付けただけでも痛いという場合もあります。ここに応じてカスタマイズしてご使用ください。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする