2016年05月05日

自閉症スペクトラム障害のある児童への読み聞かせをことばの育ちにつなげていく難しさについての現場で感じている肌感覚

 自閉症スペクトラム障害(以下ASD)のあるお子さんといっても、本当に多様なのですが、一般的にASDのあるお子さんはある特定場面で学習した成果を、他の場面でも発揮できるようにすること(般化)に苦手さがあると言われています。

 私はこの3年は小学部にいるのですが、特に絵本の読み聞かせの際にASDのあるお子さんのもつ般化の難しさを感じます。

 認知学習では発達段階が1〜2才半ほどのASDのあるお子さんを担当することが多いのですが、例えば「ごあいさつあそび」といったタイトルの物を読むと、定型発達の1〜2才半のお子さんは日常生活の場面に「いただきます」「ごちそうさまでした」「バイバイ」といった言葉が般化していきますが、ASDのあるお子さんは「ほら、あの本のセリフだよ」といってもなかなか言葉が出てきません。(こと、挨拶に関しては社会性の困難さも関わっていると思いますが)他の「あっ!」といったようなオノマトペや擬音語(「チクチク」「ブッブー」「カンカンカン」「ボーボー」などなど)を取り扱った絵本についてもなかなか日常生活に言葉が拡がっていきません。つまり、読み聞かせについては、定型発達とASDをもつお子さんの間には大きな違いがあると感じています。

 絵本を読むこと自体が自立した余暇活動の時間を過ごす1つの選択肢になることを目標として取り組むのであれば、特段の工夫は必要ないのかもしれませんが、絵本を使ってことばを育てていこうとするのであれば、般化したい場面に絵本の特定の場面をカード化して持ち出すなどの視覚支援が必要であるように思います。

 余談ですが、面白い手法としては「パワーカード」というものもあります。


 あとは、読み聞かせという活動を言葉を育てる際の題材として選定をせず、コミュニケーションを取ること自体がダイレクトに興味のあること、好きなもの、食べたい物につながっていて即時強化される用なものを題材として選定するか…。

 自閉症スペクトラム障害のある児童への読み聞かせをことばの育ちにつなげていく難しさについての現場で感じている肌感覚として最近はこんなことを考えています。

 
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437539105

この記事へのトラックバック