2015年06月21日

「叱る」ことを指導方針の中心として、般化と維持を行って「マイナス」になるケースについて

ある場所で丁寧に獲得した行動を、人やものや場所を変えても表出できるようにして、それを自ら表出し続けられる様にしていくということは、行動変容を考える際に非常に重要なことの1つです。

例えば、「バイバイ」を教える場合。

身近な人に子どもが「バイバイ」をすると、お母さんや先生は「わー!すごいね!上手だね」と褒めます。子どもは得意になってバイバイをしてくれるようになります。

「ママ、バイバイ」
「先生、バイバイ」


これが進むと、今度は人と場所を変えて、校長先生の前で「バイバイ」ができるようになっていきます。

「校長先生、バイバイ」

すると、校長先生は満面の笑みで

「すごいね、上手だね」

と言ってくれます。場が拡がる。人が拡がる。般化です。

子どもはさらに嬉しくなって、最後には犬や猫やコップやうんちにまで「バイバイ」が言えるようになります。

「そうだね、バイバイだね」

そして、それが長期に亘り持続されるようになる(バイバイは死ぬまで使いますよね)。これが維持です。

これをやっていく際に、「叱る」ことが指導方略の中心になっている支援者が、思いつきで(褒める準備無く)般化と維持を行うと、

「ほらっ、校長先生がいるでしょ、どうするんだっけ?」

と急かされて、もしも「バイバイ」が自発しなかった場合には「叱り」が入って、

「何で、バイバイできないの?できるでしょ?○○くんはバイバイができる。先生は知っている。手を抜かないで!」…orz…。

となってしまうのです。次回も入る

「今日こそはできるよね!」

という、一種の「脅し」。

「般化」に難しさが出ているということが「手を抜いている」ということとすり替えられてしまう。

結局、その大人が怖いから校長先生に「バイバイ」をやむなくするわけだけれども、それって、その先生に怒られるのを回避して「バイバイ」を出している訳なので、その先生がいない場面では「バイバイ」を自発しなくなってしまう。

こうなってしまった子について、再度バイバイを教える際には、もはや「0」スタートではない。「マイナススタート」になってしまう。でも、叱った大人は、叱って行動が表出される(表出させた)ところを見てしまっているので、叱ることが強化されてしまっている。

マイナススタートのことも多いよな…でも、叱り中心の人に「それって、違いますよ」といって、スグに変わってくれるほど、大人の支援も簡単じゃないんだよな…と思い知る日々です。

「あなたとの出会いが、この子にとってはマイナスでした」

ってもし自分が言われたら、立ち直れないな…と思いながら。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 08:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クラス内の厳しい指導方法に疑問を持っていたので、今回のお話とても心に沁みこみました。ずっと一緒に居ると知らない間に自分も厳しくなってしまっている事があるので、気をつけなければと強く反省しました。叱る指導は、一見、効果があるように見えるし、子どもが叱られる怖さを他人に訴えることもないため、恐いです。ありがとうございました。
Posted by momo at 2015年06月21日 22:32
momo さん

ありがとうございます。厳しく叱責することで、何が得られるのかということを分析した上で取り組むことが大切なのだと思います。厳しく叱責することで、子どもが納得して前に進めるのかどうか。ただ優しくするということもまた否です。子どもが納得して前に進める方法を考えて、工夫して、実施して、修正を加えていく営みが大切だと思っています。
Posted by くわぴょん at 2015年06月22日 04:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421033931

この記事へのトラックバック