2015年01月05日

歌や読み聞かせからことばを育てる

 何だか便利グッズ紹介みたいなエントリが続きますが(笑)

 以前、公文式の「読み聞かせ10,000回、童謡200曲」のキャッチコピーについてエントリを書きました。でも、これをお母さんが全ての回数やるのかと思ってしまうと、とても負担に感じられてしまいます。もちろん真面目にお母さんが全ての回数をしていく必要はありません。

「いかに楽して、高い効果を出していくか?」

 という視点は子育てにおいても、仕事においてもとても大切な視点です。

 そこで、最近使っていて良いのが「おしゃべりKUMA-TAN」というおもちゃです。楽天でおよそ7,000円(amazonだとおよそ8,000円)と値は張るのですが、昔話、童謡、わらべ歌、英語の歌が全450種収録されているおもちゃです。




 「言葉を教える」となるとドリル学習や国語の時間を想像してしまいがちですが、歌が好きな子、お話しが好きな子は童歌や絵本の読み聞かせなどから言葉の世界が伸びていくこと、一杯ありますし、「お母さんが歌ったり、読んだりする方が良い」という考え方もありますが、おもちゃが毎回同じように読んでくれる同一性が性分に合うお子さんもたくさんいます。歌が若干昭和な感じがしますが(笑)いい教材です。

−以下、amazon商品説明より引用−
お孫さん、お子さんの想像力、聞く力を育む。
クマさんが、かわいい声で童話や昔話を読み聞かせ。「おりこうKUMA-TAN」!

たくさんのお話、歌を聞くことで、子供の聞く力、考える力、想像力を伸ばします。
言葉を覚える上で一番重要なことは「聞く」ことです。
また、お話の中で語られる事の中には、社会常識や生きていくうえでの大切な教訓が含まれています。
多くのお話を聞きながら子どもは多くの知識を身につけていきます。

昔話、童謡、わらべ歌、英語の歌がたっぷり全450種

人気の童話 30話 かぐや姫、桃太郎、花咲じいさん ほか
日本の昔話 80話 三つの岩、うりこ姫、大きな木と娘 ほか
わらべ歌 12曲 あんたがたどこさ、かごめかごめ ほか
面白い人の話 35話 一休さん ほか
動物の昔話 60話 タヌキの札、ツルとカメ、ほか
世界の昔話 95話 イソップ、アンデルセン、グリム童話 ほか
童謡 57曲 青い眼の人形、赤い靴、おもちゃのマーチ ほか
季節、風景の歌 31曲 春よ来い、さくらさくら ほか
英語の歌 50曲 The Alphabet Song ほか

−引用終わり−

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 便利グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411821239

この記事へのトラックバック