2015年01月03日

「テクノロジーってナンダ?」

 特別支援学校にタブレット端末が入り始めて、どの学校も取り組みを思考錯誤しています。その中で、今年は先導的な取り組みで全体を引っ張っている魔法のプロジェクトの仲間に入れていただき、現在目下、まとめの時期を迎えています。

 これから教室の中や子どもたちの生活の中にテクノロジーを入れていくにあたっては、Kintaのブログの「ICT機器はなんで使うの?」で紹介された指標は一ついいヒントとなりました。

@ ないと何ができないのか?
A あると何が実現するのか?
B 別の方法でできないか?


ノーテクノロジー状態とテクノロジー有りの状態との違い(kinta先生は「プレ」と「ポスト」とされていました)を明確にしながら、実践結果をまとめていくことができるといいな…と思います。

 ちょっと行き詰っていたところ、久しぶりにドラえもんを観ました。「テクノロジーってこういうことを言うんだよ」と言わんばかりに。のび太くんの生活を生き生きとしたものにしようと、ドラえもんは次々にテクノロジーを駆使しているように見えました。

「テクノロジーを使うと、君が幸せに一歩近づく。そんな使い方をすればいいのさ」

ドラえもんが、そんな風に教えてくれているように見えたのでした。

Stand by me.ドラえもん。ドラえもんみたいになれるといいな。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック