2015年01月02日

力をつける教育から力を使いたくなる教育への質的な転換を

「特別支援教育研究」の12月号時事解流のコーナーに植草学園の佐藤慎二先生が、

「力をつける教育から力を使いたくなる教育への質的な転換を…」

 という記事を書かれていて、佐藤先生の記事、すっごく良かったよね〜という話を何人もの先生としていたところです。



 これって、料理のレシピに例えると分かりやすいのかもしれません。例えば、年末と正月くらい頑張って、朝、速水もこみちくんがMoco'sキッチンでやっていたスペアリブを作ろう!としたとします。普段は作らない料理。でもVTRを一生懸命に見て作ります。一時的には力をつけるのですが、スペアリブは積極的に自分から作ろうとは思わないので、今つけた力やレシピの短期記憶は瞬く間に溶けて消えていってしまいます。

一方で、例えばグッチ裕三さんが、美味しい煮卵の煮方をテレビでやっているとします。

「7分45秒の煮卵を作って、水:醤油:みりん=3:1:1の液に一晩つけるんですよー」

ラーメンを定期的に作る私としては、これは自分から使いたくなるような力であり、上記のグッチさんの番組を見たのはかれこれ6年以上前となるのですが、現在も私の中に色褪せない力として存在しています。
普段、仕事をしている中で「般化」という言葉を使います。特に認知学習の中で取り組んでいたことが、生活の中で使われると「般化した」という意味合いで使われるのをよく聞きますが、この使い方を再考しなければいけないな…と、記事を読んで考えました。

×→一時的に生活の中で表出されたけれども、力が使われずに、すぐに力が溶けてしまうような般化

○→生活の中で自ら使いたい力として形成されて、生活の中で自ら確認表出される力となったという意味での般化

 きっと調べてみれば「般化」自体に心理学用語としての厳密な定義が存在するのだと思うのですが、巷にあふれる偽物の「般化」ではなくて、5年後、10年後も使い続けられる意味での「般化」をしていけるといいな…なんて思いました。

 力をつける教育から、力を自ら使いたくなるような教育への質的な変換。

 とても大切にしていきたいな…とこの一ヶ月、ずっとずっと考えていました。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411665924

この記事へのトラックバック