2014年12月28日

人生はいろいろとあって良いんだ…

年末、加藤登紀子さんの「時には昔の話を」をなんども聴きながら、いろいろと振り返っています。

朝のニュース番組で、今年亡くなった淡路恵子さんの人生を振り返るコーナーがありました。その中で、淡路さんが

「人生、何もないよりはね…、色々とあって、その時は大変だけれど、いつかそれがいい思い出になって、死んでいくんだなって。そう思うのよ。そういう歳になってしまったの。」

…と亡くなる前年のテレビで話していらっしゃる姿が流れて、何だか、何度もなんども自分の中でそれを繰り返しています。

人生、思い通りにいかないこと、努力が報われないこと、理不尽な運命に翻弄されてしまうこと…いっぱいあるけれど、いろいろとあっても、その時には大変だけれど、いい思い出に変えていくことができればいいな、そして人生の黄昏の中で、穏やかな気持ちでそれを想えるといいな…なんて思いました。

最近はFacebookばかり更新して、更新を怠っていたブログですが、少しずつでアップしていきます。

posted by 桑ぴょん at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411402147

この記事へのトラックバック