2014年12月07日

主体性と自主性と第二期教育振興基本計画

 先日、Facebook経由で『「主体性」と「自主性」のちがい』という記事が回ってきました。

−以下、引用−
主体性…様々な状況下においても自分の意志や判断で行動するということ。
自主性…他人からの干渉や保護を受けず、独立してことを行うこと。
−引用終わり−

出典:http://u-note.me/note/47485918

 夏に中教審会長の安西先生の講演にて第二期教育振興基本計画の解説を聴いてきたのですが、その中でも同じような話が出ていました。

 いわれる前にするという人を育てるのではなく、自ら目標を設定し、それに向かって自ら進んで学び、発展させていくような人を育てる。

 「自主性」と「主体性」の言葉の住み分けはとても大切だと改めて感じました。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック