2014年11月06日

「他にいいやり方があるよ」と言ってあげられる先生でありたいな

なるべくポジティブに支援をして行けるといいな…とは思っているのですが、ついつい「ダメだよ」と叱って終わりになってしまうことがあり、そういうことがあった日は1日の終わりに

「あの子は叱られただけで次にどうすればいいかを先生から教えてもらえなかったことになっちゃったな…」

と反省します。自分の感情にとらわれてしまうと、子どもが次には適切な方法でコミュニケーションしてくれるための水先案内をするという自分の役割をすっぽかして、自分の感情処理になってしまうと、自分を戒めなければいけないことがたくさんあります。

さて、今日はこんなことがありました。給食で出てきた大豆が入ったきんぴら。固くてボソボソとした食感のお豆が嫌いな教え子(以下Aくん)が自分のお皿から豆を外に弾き出そうと、私の机に直接大豆を置き始めました。

「こらー!何やってんだー︎」

と心ではいち早く叫んだのですが、少し冷静になって次からはどうして欲しいのかを考えました。どうしても食べたくないものがあるときにはどうすればいいでしょうか。先ず必要なのは、

「苦手なんだ…」

と伝えること。そして、お行儀よく取り分けて残すこと…かな…とおもいました。

そこで、私の机に乗せられたお豆をその子のお皿に手際よく返していきました。Aくん

「あ゛〜っ︎」

と怒りをあらわにしたのですが、感情が動いた時こそ、コミュニケーションを教えるチャンスだと思いました。

私:「お豆嫌いなの?」

Aくん:「キライ」

私:「そういう時はこういうんだよ。『せんせー、にがてー』」

Aくん:「せんせー、にがてー」(実際にはこんなにスムーズではなく、幾度かの押し問答が入っていますが(笑))

私:「よくわかったよ。じゃあ、残していいけど、このお皿にだせるかな?そうしてくれたら⑴ごちそうさま⑵ポイッでいいよ。」

こんなやり取りを経て、Aくんは納得して給食を食べられていました。

私の机に直接大豆を乗せていた時点で、

「こらー!なにやってんだ!戻しなさい!拭きなさい!」

というのは簡単ですし、先生の気持ちはスッキリしてしまいます。でもそれじゃ、子どもは叱られただけで何も残らない。

「他にいいやり方があるんだよ」

といつも言ってあげられる先生でありたいな…と思った昨日今日でした。
posted by 桑ぴょん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 適応行動の拡大 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック