2012年03月12日

読み聞かせ10,000回、童謡200曲に思う。

 0〜3歳児の公文式のポスターに書かれている一節です。公文式を推すつもりはさらさら無いのですが、アブストラクショナルな言語世界を早いうちに拡げておくという事は私も大切だと思うのです。理由は3つあります。

@ 「今、ここ」からの脱却を図ることができる。

A 言語世界の広がりによって情緒が安定する。

B 言語として記憶が残りやすくなり、学習の積み重ねが容易になる。

 一つずつ説明をしていこうと思ったのですが、眠くなってしまったのでまた週末に更新することにします…qrn

言語世界の広がりは、時間概念や言葉によって理解して他人を許すこと、大脳を使っての記憶などにつながっていると考えます。
 
posted by 桑ぴょん at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/257259997

この記事へのトラックバック