2015年01月18日

言葉が起点となって行動が始まるような指示体系を見直す

  Facebookで投稿したエントリを少し替えたものを再掲します。

 今回は私は1日に子どもの幾つの行動を、自分の言葉を起点として「始めさせている」のだろう…と反省した話。

「靴を履くよ」「こっちこっち」「トイレは?あるの?いってらっしゃい」「朝の会を始めるよ」「はい、次は◎◎くん」「次の授業は体育だから体育館に行くよ」「ほら、次は野菜を食べて」「手は洗って、タオルで拭いて」「さぁ、帰るよ」……。

 氷山の一角にすぎませんが、思いつくままに書いてみたところで10も20も出てくる教員である私の言葉が起点となって行動を始め「させてしまっている」場面。このままでは、起点である言葉がなければ動けない人に教え子たちがなってしまいますし、「させられ」行動は、自発しない(同じ行動が生起しない)ので、身になんかついていきません。言われた時だけ出る行動となります。また、裏を返せば教員がまるで執事のようにいつも傍にいなければいけないという「張り付き支援」が必要になってしまいます。また、張り付き支援って、いかにもお仕事している様に見えてしまうところが恐ろしい…。

 改めて言語指示中心の指示体系を見直して、子どもが自発し、使い続けたくなるような力の育成を心がけていかなくては…と自分を戒めました。

 教員の言葉が、子どもの行動の起点にならないとはどういうことか。それは環境からのシグナルを子どもが自ら入力して、処理して、出力すること(要は分かって、動けること)。或いは、活動に見通しがあり且つ、内発的な動機づけが伴っていること。

 改めて環境設定や見通し、ポジティブな学習経験の大切さについて考えています。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 10:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

アプリ紹介:スマモリ

 特別支援教育の分野でもスマートフォンの普及が進み、「ガラケーでメールができる」という支援目標が、「メッセンジャーを使ったり、SNSを使ったりすることができる」と変わってきている印象があります。その中で、

「家族内に閉じられたメッセンジャー機能」

 を持つアプリを探していました。また、現在情報の確認や各種の機能制限もできると良いな…とも。

 その中で良いアプリを見つけましたので紹介します。詳しくは私が紹介するよりもリンク先でご一読ください。以下の画像にリンクをさせてあります。

スマモリ.JPG


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m

2015年01月07日

『できる子でないと愛してあげない』というねじ曲がったメッセージが届いてしまわないように ー映画「そして父になる」を観てー

 遂に冬休みの最終日となりました。今日は明日からの授業の準備日としてわたわた動いています。出勤簿上はまだ休暇ですが^_^;

さて、今更ですが、先日「そして、父になる」をitune storeでダウンロードして観ました。是枝監督、福山雅治、リリー・フランキー、尾野真千子などが出演している2013年公開の映画です。

あらすじとしては産院で子供を取り違えられた家族同士が、その事件に翻弄されながらも、生みの親の所にそれぞれ子供を返していく努力の中で、血のつながりや、育ててきた愛情に葛藤するというものです。

私自身、大枠このようなあらすじの中でお話が進行していくものだと思いながら見ていたのですが、感じたメッセージはちょっと違うものでした。

注目したのは福山雅治の子供役・慶多くんです。エリートサラリーマンである福山雅治は博学才栄、勉強も運動もピアノも子供の頃から出来たのですが、その息子である慶多くん(のちにリリー・フランキーの子供と分かる)は、同じように努力しても勉強もピアノも上達していきません。そして、福山雅治は 取り違えの事実がわかった際に「やはり、そうだったか」と言います。そのメッセージが暗に伝わっていた慶多くんは、

「パパは、出来の悪い僕のことは嫌いなんだ」

と思い悩み、心理的に孤立していきます。

この映画を観て、一番印象に残ったのは、福山雅治の教育方針と、この慶多くんの心の動きでした。 福山雅治にしてみれば、

「多くのことが上手にできた方が将来的にも有利になることが多くあるだろう」

という親心の元に教育を行うのですが、子供である慶多くんには、

「お父さんは勉強やピアノが上手にできない子供は、愛してくれないんだ」

と思っているのです。

このすれ違い、一生懸命な親御さんであればあるほど起こり易いのではないかな…と思います。例えば、

「ひらがなをかけた方が将来的にも良いに違いない」

と一生懸命に書き取りを教えるのだけれども、結果として伝わっているメッセージが、

「ひらがなをかける子供しか愛せない」

になってしまう、など。

この映画を観て、教育は基本的に、

「何があっても、親は、担任は、君のことが大好きだし、無条件で溢れんばかりの愛情を注ぐよ」

というスタンスの延長上で行えるといいんじゃないかな…と改めて思いました。

「何があっても君のことが好きだし、愛情を注ぐんだけれども、それを損なわない範囲内で楽しく学習を進めていこう」

雑駁に言えばそんな感じでしょうか。

映画の終盤、福山雅治は慶多くんに、

「父さんは慶多のこと、大好きだったんだよ。」

と改めて思いを伝えるシーンがあります。言い換えれば、「何かができないと、君のことを愛せないよ」じゃなくて、「無条件に君を愛していた」ということを伝えているシーンです。

当たり前のことに思えてしまうけれど、でも実は陥りがちなことなのかな…なんてぼんやり思いながらそのシーンを眺めました。

「何があっても君のことが好きだし、愛情を注ぐんだけれども、それを損なわない範囲内で楽しく学習を進めていこう」

当たり前のことかも知れないけれど、年始にこの言葉を大切に胸に刻んで、今年も頑張っていこうと思いました。

学校が始まるので、しばらく投稿しなくなりまーす(^_^)

是枝裕和「そして父になる」
posted by 桑ぴょん at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

歌や読み聞かせからことばを育てる

 何だか便利グッズ紹介みたいなエントリが続きますが(笑)

 以前、公文式の「読み聞かせ10,000回、童謡200曲」のキャッチコピーについてエントリを書きました。でも、これをお母さんが全ての回数やるのかと思ってしまうと、とても負担に感じられてしまいます。もちろん真面目にお母さんが全ての回数をしていく必要はありません。

「いかに楽して、高い効果を出していくか?」

 という視点は子育てにおいても、仕事においてもとても大切な視点です。

 そこで、最近使っていて良いのが「おしゃべりKUMA-TAN」というおもちゃです。楽天でおよそ7,000円(amazonだとおよそ8,000円)と値は張るのですが、昔話、童謡、わらべ歌、英語の歌が全450種収録されているおもちゃです。




 「言葉を教える」となるとドリル学習や国語の時間を想像してしまいがちですが、歌が好きな子、お話しが好きな子は童歌や絵本の読み聞かせなどから言葉の世界が伸びていくこと、一杯ありますし、「お母さんが歌ったり、読んだりする方が良い」という考え方もありますが、おもちゃが毎回同じように読んでくれる同一性が性分に合うお子さんもたくさんいます。歌が若干昭和な感じがしますが(笑)いい教材です。

−以下、amazon商品説明より引用−
お孫さん、お子さんの想像力、聞く力を育む。
クマさんが、かわいい声で童話や昔話を読み聞かせ。「おりこうKUMA-TAN」!

たくさんのお話、歌を聞くことで、子供の聞く力、考える力、想像力を伸ばします。
言葉を覚える上で一番重要なことは「聞く」ことです。
また、お話の中で語られる事の中には、社会常識や生きていくうえでの大切な教訓が含まれています。
多くのお話を聞きながら子どもは多くの知識を身につけていきます。

昔話、童謡、わらべ歌、英語の歌がたっぷり全450種

人気の童話 30話 かぐや姫、桃太郎、花咲じいさん ほか
日本の昔話 80話 三つの岩、うりこ姫、大きな木と娘 ほか
わらべ歌 12曲 あんたがたどこさ、かごめかごめ ほか
面白い人の話 35話 一休さん ほか
動物の昔話 60話 タヌキの札、ツルとカメ、ほか
世界の昔話 95話 イソップ、アンデルセン、グリム童話 ほか
童謡 57曲 青い眼の人形、赤い靴、おもちゃのマーチ ほか
季節、風景の歌 31曲 春よ来い、さくらさくら ほか
英語の歌 50曲 The Alphabet Song ほか

−引用終わり−

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 便利グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

歯垢を赤く着色しながら磨く歯磨き

「歯磨き自体は「歯磨きアプリ」で一定時間自分で取り組めるようになったけれども、磨き残しが気になる」
 というご要望は最近身の回りで増えてきている印象です。自立的に歯磨きに取り組めるようになったのは一歩前進。でも、そこから先の磨き残しを減らしていくことにもう一歩、工夫が必要…といったところでしょうか。
 歯垢染色材は色々とあるのですが、これは自然に歯磨きをしながら歯垢を染色し、そこを落としていくというものです。普段の流れを変えずに、でも落とすべき汚れを染色していく。結構スグレモノです。


−以下、メーカー説明より引用−
「こどもはみがき上手 イチゴ味 180ml」は、歯垢を赤く着色する液体ハミガキです。歯垢のチェックとハミガキが同時にできます。赤く着色した歯垢をチェックしながら色が落ちるまでブラッシングするだけで、子供でも、みがき残しなく歯垢を確実に落とします。みがき残しのない歯磨きが虫歯と歯周病を予防します。
ノンアルコール、低刺激で、安全な成分(食品用色素など)で作られています。研磨剤不使用で、歯を傷めません。砂糖など虫歯の原因となる甘味料は一切使用していません。財団法人日本食品分析センターで、「口腔粘膜刺激性試験」「反復経口投与毒性試験」を実施しています。お子さまに安心して使えます。 こども用。イチゴ味。180ml。
−引用終わり−

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 便利グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする