2014年12月31日

「できる環境づくり」と点つなぎの手前の課題」

 小出進先生の「知的障害教育の本質」(ジアース教育新社)を読みながら、「できる環境づくり」という視点から、改めて自分自身の子どもへの接し方を問い直しています。


ー以下引用ー
本人の主体性確保をめざせば、指導の「訓練的側面」よりは、指導の支援的側面を大切にすることになる。「教え、直す」指導よりは、「支える」指導が求められる

ー引用終わりー

 2学期、

「先生、点つなぎは難しいよー」

 と伝えてくれた教え子に

「大丈夫、大丈夫、やればできるよ。」

 と手を添えて線をつなぐという活動を1ヶ月半積み重ねましたが、依然として難しさが残り、

「最初は自分でやってみてよ」

 と言う私に、結局

「あっ、ちがう…」

 と子どもが言われてしまう場面、何度有っただろうか…と猛省しました。
 本人の主体性を支えるような環境づくりとして、点つなぎの教材を作ろうと思い直したのが本写真の教材です。
スライド1.JPGスライド11.JPGスライド15.JPG


 年末、もう一冊本を読みました。
 「世界に1つだけの子育ての教科書」著・奥田健次(ダイヤモンド社)
 です。

 全体的にとても良い本だったのですが(トイレトレーニングの章が目から鱗)、特にそのP87、スモールステップの記述の中のサッカーのペナルティキックがゴールに届かないお子さんにはゴール50センチ前から練習を重ねていくと良い…という一節がストン…と胸に落ちました。

「そうか、自分で蹴ったシュートが届かないなら、ゴールの方に近づいてきてもらえば良いんだ…」

 認知学習の指導に於いては、とかく「できる状態にもっていく」という姿勢になってしまいがちでした。しかし、例えば点結びができないからと言ってその力を付けて、線結びをできるようにするのではなくて、線結びができる状況を作って、その中でめいっぱい自立的・主体的に課題に取り組めるようにしようと思い直しました。
(知的障害教育の本質p27,28を参照しました)

 点つなぎから話がどんどんと膨らんでしまいましたが、主体性を支える「できる環境づくり」。来年も大切に、大切にしていければと改めて思いました。

 プリント教材は以下にリンクしてあります。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

人生はいろいろとあって良いんだ…

年末、加藤登紀子さんの「時には昔の話を」をなんども聴きながら、いろいろと振り返っています。

朝のニュース番組で、今年亡くなった淡路恵子さんの人生を振り返るコーナーがありました。その中で、淡路さんが

「人生、何もないよりはね…、色々とあって、その時は大変だけれど、いつかそれがいい思い出になって、死んでいくんだなって。そう思うのよ。そういう歳になってしまったの。」

…と亡くなる前年のテレビで話していらっしゃる姿が流れて、何だか、何度もなんども自分の中でそれを繰り返しています。

人生、思い通りにいかないこと、努力が報われないこと、理不尽な運命に翻弄されてしまうこと…いっぱいあるけれど、いろいろとあっても、その時には大変だけれど、いい思い出に変えていくことができればいいな、そして人生の黄昏の中で、穏やかな気持ちでそれを想えるといいな…なんて思いました。

最近はFacebookばかり更新して、更新を怠っていたブログですが、少しずつでアップしていきます。

posted by 桑ぴょん at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

主体性と自主性と第二期教育振興基本計画

 先日、Facebook経由で『「主体性」と「自主性」のちがい』という記事が回ってきました。

−以下、引用−
主体性…様々な状況下においても自分の意志や判断で行動するということ。
自主性…他人からの干渉や保護を受けず、独立してことを行うこと。
−引用終わり−

出典:http://u-note.me/note/47485918

 夏に中教審会長の安西先生の講演にて第二期教育振興基本計画の解説を聴いてきたのですが、その中でも同じような話が出ていました。

 いわれる前にするという人を育てるのではなく、自ら目標を設定し、それに向かって自ら進んで学び、発展させていくような人を育てる。

 「自主性」と「主体性」の言葉の住み分けはとても大切だと改めて感じました。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

kintaのブログで紹介していただきました

 kinta先生のブログに載せていただけるなんて、もったいのうございますm(_ _)m

kintanoblog.JPG


 ミスチルの「彩り」という歌のように、僕のした単純作業が、この世界を回り回って、まだ出会ったことのない人の笑い声を作っていくような地道な取り組みを続けていきたいと思います。

 ありがとうございます。励みになります。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする