2014年07月20日

「性教育の手引き」を読んでいます

Twitterの方では少しずつつぶやいていましたが、今日はこれを読み込んでいます。

「性教育の手引き(盲ろう養護学校編)」東京都教育委員会 平成17年3月http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/shidou/sei_text/text_m.pdf

 平成15年の七生養護学校事件を受けて、東京都教育委員会が「性教育」としてどこまでが適切で、どこからが「行き過ぎ」なのかをまとめたという経緯の有るものなので、興味深く読んでいます。この事件に置いて特別支援学校における性教育はクローズアップされましたが、性教育がオープンに扱われるようになったかというとそうではなくて、「扱いにくいもの」として認識された部分もあったように思います。「性教育の手引き」においても基本的に一斉指導に置いては『学習指導要領上位置づけられていないことまでは教えない』というスタンスで書かれています。

 ただ、将来の明るく生き生きとした生活の実現や性的な自立という観点からすると、一概には言えずに、日常生活学習の中で個別にもう少し踏み込む必要がある場合もあると感じています。

 なので、この「性教育の手引き」との距離感を意識しながら、もう少し踏み込む必要のある子どもたちにとっての教材を作って、いつでもWEB上でリーチできるようにしていけるといいのかな?と思っています。

 例えば、手引きの中ではコンドームの使用の仕方までは教える必要はないとされているところを、性行為をする際のコンドームの着用の仕方までは学習指導要領上は×とされているのですが、誰もがもつ性的な欲求を果たす自慰行為を行う為の「もの」と「回数」の指定の材料として使用する際には日常生活指導の範疇に入ってきてもおかしくないだろうと思うのです。

 どこまで介入するかは、その子の将来がいきいきするかとか自立的になるかというところで判断するのでしょうけれど、距離感難しいな…と思いながら「性教育の手引き」を読み進めています。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

黒板や冷蔵庫に貼りつけるプールの有り無し伝達カード

 プールの時期。多くのお子さんにとってプールが有るか、無いかは大きな関心事です。

 そこで、○か×かでシンプルにプールの有無を伝えるカードを作成しました。印刷して、背中合わせに1枚としてラミネートをかけ、マグネットシールを四隅にくっつけると黒板や冷蔵庫、スチールのロッカーに貼りつくプールの○×伝達カードになります。ひっくり返すだけで毎日使用することができるのでとても便利です。

プリント頒布サイト
桑ぴょんの特別支援教育マラソン プリント編
http://kuwapyon.main.jp/nitijyouseikatu.html#14.7.5

 プレゼンテーション1.jpg


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日常生活動作に「価値づけ」をする

洋服の畳み、歯みがきで歯をピカピカ、持ち物の整理整頓、靴を揃えて置く、シャツの裾をズボンの中に入れる…など、日常生活の中で必要な動作についてのエントリです。

これらの動作は特に特別支援学校小学部では毎日、繰り返し、繰り返し指導するものなのですが、なかなか身についていかない印象の事柄でもあります。

先生「ガミガミ」

子ども「何でそんな面倒くさいことをしなきゃいけないのー」

といった感じで。日常生活に必要な動作を指導していくにあたって、一つ認識をして置かなければいけないことがあります。それは、「日常生活に必要な動作で、特に所作や目に見えない清潔にかかわるものは子どもにとっては動機づけが低い」ということです。例えば、箸の持ち方や外から帰ってきたら手を洗うという類のことについては、子どもにとってはその行為に内包される意味合い(「変な持ち方で箸を扱うことは恥ずかしい」とか「手にはばい菌が付いていて、それが体調を崩す原因になる」とか)の理解は難しく、面倒くさいだけで価値が見出しにくいです。なので、なかなか自発的な行動につながっていかない。

そこで、行動への「価値づけ」が必要になってきます。

「それってすごいことなんだよ」

「それってかっこいいね」

口頭で褒めるだけで効果があるお子さんにはそれでもいいのですが、そうでないお子さんには、「評価していることがその子に伝わる方法」で伝えていく必要があります。

私の学級ではピカピカのお立ち台を作成中です。「それ、いいね!」を担任の先生が見つけると、その子は朝の会や帰りの会でピカピカの(巧技台のまわりをラメシールでデコレーションしてあります)お立ち台に乗って褒められるという簡単な仕組みの取り組みです。でも、「価値づけ」としては効果大です。

自分で価値を見出すことがまだまだ難しいお子さんには、目に見えて分かるように「価値づけの場面」を設定していくことを今、模索しています。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
クリックが「読みました」の「匿名玉入れ」みたいになっています。よろしければご一読後にクリックしていただけると(1回/dayが上限です)次回への更新意欲につながりますm(_ _)m
posted by 桑ぴょん at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導・支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする